スタイリストの求人は高収入なのか

収入の高さと必要スキルとの関係

求人を探す時には、収入が重視される事もあります。収入が高いかどうかを基準に、求人選びをしている方も少なくありません。その収入の高さは、必要スキルとの相関関係もあります。ハイレベルな技術が求められる仕事は、収入も高めになる傾向があります。例えば医師です。医師として働いている方々の年収はかなり高く、1000万円以上は稼いでいる方も少なくありません。というのも医師という職業の場合は、かなりの専門知識が求められます。人間の生命に関わる仕事ですし、責任も比較的重いです。またプログラマーという職種も、収入は比較的高めな傾向があります。プログラミングの知識が求められますし、全体的に高収入な企業が多いです。ですから稼ぎたいというニーズがある方は、熱心にプログラミングの勉強に励んでいる事もあります。

スタイリストという職業の収入はどれぐらいか

ところでスタイリストという職業も、高収入な求人が多いです。年収換算で500万円以上の仕事も、比較的よく見かけます。新卒の人材の場合、初任給は年収200万円ぐらいになる事も多いですが、それと比べると収入はかなり高めである事は間違いありません。ですから大きな収入を稼ぎたい方は、スタイリストとして活躍する為に勉強している事もあります。ところでその職業にも、色々なランクがあります。アシスタントとしての働き方もあれば、トップスタイリストという働き方もあります。後者のトップという働き方ですと、収入も比較的高めになる傾向があります。アシスタントは年収200万円台半ばですが、トップの場合は500万円前後だからです。トップの場合は、ややハイレベルなスキルが求められるので、高収入になる傾向があります。

実績や勤務先によって収入は異なる

またその職業の収入は、勤務先や実績に左右される一面もあります。実績がある人物ですと、収入も比較的高めになる傾向があります。それと勤務先です。その職業の勤務先も色々あって、事務所勤務やアパレルメーカーなどがあります。フリーランスという働き方の場合、収入は比較的高めになるケースも多いです。実績があるフリーランサーであれば、年収は1000万円を超えることもあります。ですが実績があまりないフリーランサーですと、収入は低めになってしまうケースも多いです。ちなみに上述のアパレルメーカーなどは、全体的に収入は高めです。収入が比較的高めな会社も多いので、フリーランサーとして活躍する事を目指している方も、まずはメーカー勤務を検討していることも多いです。

記事を共有する